燃えなかったゴミ

ゲーム実況者から遊び人に進化を遂げた人間のブログ。更新は超絶不定期。

ミシンを使わずにベルト通しを作った話

読者の皆さん、どうも、僕です。

ベルト通しがないズボンにベルト通しが欲しい事ありませんか?

僕にはありました。

えぇい!無いなら作るしかねぇ!

でも!うちにはミシンがねぇ!

どうする、俺!

ということでパラコードでベルト通しを作りました。

 


f:id:haraguroiare:20200918085021j:image

ワークマンのツナギです。

結構しっかりした作りなのにベルト通しが無いんですよね、これ。

僕はツナギを着る時大体上半身脱いで腰に巻いてしまうので、ベルト付けないとずり落ちてしまうんですよね。

じゃあ付けるしかないなと。


f:id:haraguroiare:20200918085430j:image

ベルト通しを既製品の服に付けるなんてやったこと無いんですけど、要はベルト通しの変わりになるものがあれば良いんですよ。

でもミシン無いしなぁ。

あるのは、パラコードだけ…。

ん?お前がいるだろ!

ということで、パラコードでベルト通しを作ります。

 

まずはベルト通しを付ける場所に穴を開けます。

身体の正面に二ヶ所。

左右側面に一ヶ所ずつ。

背面に二ヶ所といったところですか。


f:id:haraguroiare:20200918090020j:image

穴開けに使うのはダイソーで買ってきた穴開けパンチ。

f:id:haraguroiare:20200918090139j:image

布を紙で挟んでハンマーで叩く!

叩く!叩く!叩く!ひたすら叩きます。

すると、
f:id:haraguroiare:20200918090249j:image

穴が開きました。

こんな調子で穴を開けていきます。

 


f:id:haraguroiare:20200918090343j:image

穴が開いたら次はパラコードを必要な長さと本数切って穴に穴に通すだけ。


f:id:haraguroiare:20200918090437j:image

ほ~ら、簡単だった!

パラコードはほどけないように内側で本結びにしてあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E7%B5%90%E3%81%B3

これで完成。

ミシン無くても出来るじゃん。

 

あくまでも簡易的なベルト通しですが、これは結構色んな事に応用出来そうです。

幅を測れば簡易のmolleシステムも作れそうですね。

必要な所にちょっとした作業で付けることが出来るのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

服をウェザリングする話(汚し編)

読書の皆さん、どうも、僕です。

前回のエントリーでウェザリングの準備をしました。

今回は塗装をします。

今回の塗装で使用するのは油性クレヨンと靴墨です。前回のエントリーでツナギとグローブで準備をしましたが、写真だとウェザリングが非常に分かりにくかったので分かりやすいスケアクロウマスクにもウェザリングを施していきます。


f:id:haraguroiare:20200916084841j:image

 

まずキャニスターを取り外して、テーピングしていきます。


f:id:haraguroiare:20200916085045j:image

100円均一にテーピングテープがあったのでこれをキャンパス記事の代わりにしましょう。

良い感じに貼っていきます。


f:id:haraguroiare:20200916084940j:image

準備が出来ました。

まずは靴墨をまた良い感じに付けていきます。

良い感じにというのは自分の感性に依存するところなのでなんとも言い難いのですが、今回は下地の白がある程度残るように意識してウェザリングしていきます。

f:id:haraguroiare:20200916085316j:image

いつも靴磨きに使っているので、布についた靴墨をこすりつけるだけでもこれだけ塗装できました。

結構違いますね。

キャニスターにウェザリングを施し、ガスマスク本体にも施します。


f:id:haraguroiare:20200916090221j:image

目元に影が出来るようなイメージで目元を重点的に汚してみました。

靴墨を布に塗ってわかったのですが、けっこうのびが悪くて玉っぽくなりました。

それでも手でのばしてやると多少掠れが生まれたのでこれはこれで良しとします。


f:id:haraguroiare:20200916090441j:image

しかし、汚れが足りない。

ということで油性クレヨンを使用。


f:id:haraguroiare:20200916091215j:image

今回使用したメインカラーは次の通り。

油というか機械油が付いているイメージなので黒色。

埃がつくイメージなのでグレーと茶色の中間色。

土汚れが付くイメージなので赤茶色。

ダイソーの24色入りの油性クレヨンは原色ではなくて微妙な表現しにくい色がけっこう入っています。

ウェザリングにはオススメですね。

後はほんの少しだけ暗い赤も使っています。

当然乾いた血の色ですが、この装備は戦闘員という設定ではないのでそれほど多くの量は使っていません。

黒の下に少しだけ見えるという程度にとどめました。

色を塗っては手で擦るという工程を繰り返してクレヨンを伸ばします。

繊維と繊維の間にクレヨンを塗り込む感じでしょうか。

良い感じに出来上がっていると思います。

後はガスキャニスターのテーピングが黄ばむのを待つだけです。

 

ツナギにも同様のウェザリングを施しました。f:id:haraguroiare:20200916092042j:image


f:id:haraguroiare:20200916092052j:image

首周りや裾周りは自分の垢で汚れているイメージで黒を使いました。

ここにも埃汚れをイメージした灰色と茶色の中間色を使い、ポケットやお尻に塗っています。

膝や足の裾には泥汚れをイメージした焦げ茶色を塗り込んでいます。

後は服の破れ付近には暗い赤を少しだけ混ぜています。

f:id:haraguroiare:20200916230833j:image

にしてもスマホの写真だと目茶苦茶分かりにくいのですね。

実物はけっこうウェザリングが施されています。

このキャラクターは左手にフィンガーレスグローブを装備しているのですが、指先についた汚れをズボンに擦り付けて落とすという癖があるため、左足の太ももの部分が他よりも汚れています

また探索中にどこにでも座るため、お尻にも色々な汚れがついています。

 

グローブにも汚れを付けていきます。


f:id:haraguroiare:20200917113620j:image


f:id:haraguroiare:20200917113653j:image

土埃や埃をイメージしたグレーや茶色系で全体を覆い、手の甲にはゾンビを素手で殴ることもあるだろうと赤を差しました。

手のひらは錆びたものを握るだろうとオレンジと茶色の混合粉末を塗っています。

 

 

 

前回の傷を付けた時もそうですが、キャラクターの設定を考えながらウェザリングを施すとキャラクターの存在に説得力を持たせる事が出来ます。

 

こんな感じで靴墨や油性クレヨンだけでも十分なウェザリングが出来ました。

今回油性の塗料を使ったのは、設定的に油性の汚れが付きやすい環境にいるキャラクターというのが前提にあります。

次はバックパックでも軽くウェザリングを施してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服をウェザリングする話(準備編)


読者の皆さん、どうも、僕です。

20XX年、アメリカでゾンビウィルスが漏れ出てパンデミックが起こった。

という設定でLayLaxが対ゾンビ部隊ZSRTというシリーズを展開していますね。

今僕はZSRTの敵対組織Rebellion側の設定で装備を組んでいます。

Rebellionのチームカラーは黒地にオレンジなので、現在の自分のカラーであるオレンジと奇しくも一致してしまいました。

必然的に自分はRebellionに所属するしかないんですねぇ。

ということでRebellion装備用に服にウェザリングを施していきます。

 

僕の思い描くゾンビクライシスというのは、ウォーキングデッドの様な荒廃しつつある世界です。

Falloutの世界観程荒廃してはいないので、既製品の服を形を残したしたままウェザリングしていきます。

イメージとしては着古して捨てるちょっと手前の服ぐらいな感じです。

ZSRTの設定に関しては、公式の方もユーザーの好きなように解釈出来るように大雑把なところしか決めていないため、今回は装備のコンセプトと合わせて解説していきます。

 

私見ながら現実の2020年の物流、経済、エネルギー資源等々国際的な状況から判断するに、WW3もしくは第二次冷戦の幕開けはそう遠くないと思っています。

経済と政治分野に関して言えば既に始まって久しいとも言えるかもしれません。

ゾンビが闊歩する20XX年はそんな世界の向こう側に起こったと僕は設定しました。

戦中に中国で研究していた病原菌やその研究をアメリカが接収。

その後中国のスパイ活動により流出し、アメリカ本土でパンデミック発生。

その後世界に蔓延しゾンビクライシス化というのが最もらしい流れかなと思います。

昨今のBLM運動の裏には中国共産党の影がというのがまことしやかにささやかれています。

反体制的なRebellionという組織も起こりはそういった反体制運動から派生すると考えるのが自然かもしれません。

そして体制側ZSRTと反体制側Rebellionの構図が出来上がります。

簡易年表にすると

2020年 現在

2020年12月~2023年 WW3

2030年頃 ゾンビクライシス

という流れ。

WW3は西側勢力の勝利で終わりますが、世界は疲弊してしまいます。

傾いていた世界に追い討ちをかけるように起こるのがゾンビクライシスという流れです。

僕が今作っているキャラクターのチヒロ・イシモトは2060年代のキャラクターです。

この頃になると政府というものの機能は著しく低下し、生産性の低下が起こっています。

2060年代でも工場などの生産業界は稼働していますが、生産物は高級品としての扱いを受けるため多くの人が2045年頃までに製造された物質を上手くやりくりして生きている様なそういう世界観です。

前置きが長くなってしまいましたが、この世界観に合わせて装備を作っていきます。

 

今回は本格的なウェザリングに入る前の準備をします。

やることはおおよそ、「破れ」と「くたびれ」と「擦れ」を作ることです。

先ずはツナギから。

f:id:haraguroiare:20200915104702j:image

ワークマンのカラーツナギです。

上半身は折り返して腰巻きみたいになってしまうので下半身をメインに加工していきます。

使うのは裁縫バサミと粗めの紙ヤスリです。

先ずはハサミを入れます。

装備の構成上左の膝には膝当てをしないのでここは膝立ちになっときにすれてしまったという設定です。f:id:haraguroiare:20200915105144j:image

実際にはいてみてチャコペンで膝の位置に適当に印をつけました。

ハサミで適当に切ったら次は傷を慣らすために紙ヤスリで傷付けたところをこすります。

今回は60番の耐水ペーパーを使っています。

粗い方が繊維を傷つけやすいです。

f:id:haraguroiare:20200915105335j:image

膝は全体の中でもしっかりとヤスリがけしました。

膝立ちや四つん這いになる事がきっとあると思うんですよね。

こういう風に傷をいれる部分やヤスリがけをする部分は、キャラクターの生活スタイルを想像しながら場所を決めていきます。

お尻、ポケットの端にも重点的にヤスリがけを施します。

圧がかかって擦れるところの代表ですね。


f:id:haraguroiare:20200915105930j:image

傷を慣らすとこんな感じになります。

結構良い感じに繊維が解れてます。


f:id:haraguroiare:20200915110409j:image

写真では分かりにくいですが、前面は膝とポケットを中心にヤスリがけしました。

実物を見ると結構白くなっています。

手を入れていないところと比べると経年劣化で色褪せた感じが出ました。

 

次はグローブです。

このタイプのグローブが余っていたのでこれを右手にはめます。

破れを演出するために刃物で適当に切れ目を入れていきます。

僕は細かい破れを演出するときには手芸用のリッパーを使っています。

Clover リッパー

Clover リッパー

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

なければ適当なハサミで切り込みを入れても良いです。

この後の作業も全てそうですが、傷をいれる場所は作り手のセンスが出るところです。

ものを握るので手のひらには掠れが出来やすいだとか、本人の癖でどこをよくぶつけるだとか、どういう日常生活を送っているかとかそういう事を考えながら傷を付けていきます。

傷を付けたらツナギと同じ様にヤスリがけをしていきます。


f:id:haraguroiare:20200915111008j:image


f:id:haraguroiare:20200915111023j:image

新品のグローブも経年劣化でボロボロになっている感じが出せました。

左手用のフィンガーレスグローブも同様に傷を付けます。


f:id:haraguroiare:20200915111206j:image


f:id:haraguroiare:20200915111213j:image

拳でゾンビを殴る事もあるだろうということで手の甲のゴムが溶けるくらいにヤスリがけをしました。

新品だったので、全体にヤスリがけをして白っぽくしています。

 

ここまでで装備の加工の第一段階は終了です。

ちょっとまとめます。

傷をつけて、ヤスリがけをする。

これだけですね。

次回はウェザリングを施していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全てのサバゲーマーにオススメしたいガンラック

読者の皆さん、どうも、僕です。

エアガン触れる人が一度は必ず憧れる家具「ガンラック」。

もしそれに、国内生産の高級品があるとしたら、一度は触ってみたくないですか?

今回はそんな高級ガンラックを紹介します。

 

サバゲーマーなら誰しもガンラックは憧れだと思います。

かくいう僕もガンラックには強い憧れがあり、昔は押し入れの中に自分で作っていました。

 

 

何の変哲もない押し入れをあけるとそこに自分だけの空間があって、自分がカスタムした銃が置いてあるというのはエアガンを触る者全てが目を輝かせるのではないでしょうか。

 

ただ今回紹介するのは隠すタイプではなく部屋にドドーンっとカッコ良く飾るためのガンラック。

いえ、ガンラックというにはちょっと無理があります。

銃を飾るための家具をご紹介します。

これをご覧下さい。

https://youtu.be/vrFsHLvfhGs

2020年7月、奈良県某所にあるネットショップさんの事務所にお邪魔してきました。

名前を「Board Dragon Works」といいます。

色々あって知り合ったのですが、先日注文していたこいつが届きました!

はい、どーん!


f:id:haraguroiare:20200912111536j:image

何か分からない?

早速開封


f:id:haraguroiare:20200912111548j:image

てれーん!

ハンドガンラック!

注文していたハンドガンラックが届きました!

いや、凄い。

これ材質最高なんですよね。

タモの集成材といって高級家具やプロ野球のバットに使われる素材です。

一枚の板切れで出来てあるわけではなく、何枚もの木の板をぎゅっと圧し固めて強度を上げた物になります。

だからずっしりとして重い。

重さを計りましたが2キロ弱ありました。

では銃を飾ってみましょう。

 

f:id:haraguroiare:20200912111559j:image

はい、カッコいい。


f:id:haraguroiare:20200912111651j:image

凄くカッコいい。



f:id:haraguroiare:20200912111711j:image

くそかっこいい!

動画でレビューしました。

このガンラックオススメです。

またいずれ再生産されると思うので予約するとこをおすすめします。

予約はYouTubeの動画の概要欄からリンクで飛んでください。

 

とまぁ、ガンラックはこんな感じ、やっと発売されて感慨深いです。

如何せんガンラックが構想の段階で図面しかないところから応援していたショップさんだったのでここまできて、その商品が立体物として目の前にあるなんて不思議な感じがします。

こらからも色んなガンラックを作っていくそうなので応援するしかないですね。

 

最近、色んな事に意欲が湧かなくて短い動画作ってお茶を濁したりしてます。

ずっとネトフリでワンピース見るか、ちょっとゲームするか。

そんな感じです。

またやる気帰ってこないかなぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

パラコードでエアガンを装飾した話


読書の皆さん、どうも、僕です。

今回のネタはタイトルの通りで、パラコード編みました。

早速どーん!

f:id:haraguroiare:20200909110413j:image

これはmp5kのハンドガードに良い感じにパラコードを巻いてみた写真です。

イラクスのM-lokのハンドガードだったと思うんですけど、各段でホールの位置が微妙に違うのでデザインがちょっと難しくて、結果横から見るとちょっと不細工になってしまいました。

色々やって横からの見映えは断念。

ということで、下からどーん!


f:id:haraguroiare:20200909110226j:image

下から見ると綺麗に見える幾何学模様にしました。

ハンドガードでも綺麗に見せられるものとそうでないものがあるんですね。

勉強になりました。

ハンドガードのパラコードの巻き方に正解はないので自分の好きなデザインを追及出来るのが良いですね。

この間手に入ったクライタックには、比較的オーソドックスな端の穴から真ん中の穴にパラコードを斜めに通すというのをやってみたいなーと考えてます。

それはまた別の機会に。

 

エアガンの装飾だけで終わらないのが、僕であります。

このまま、今作っているRebellion装備の装飾品も作ってしまいましょう。

今回はバックパックの装飾品を作ります。

と言っても実はパラコードを編むのは全くやったことがありません。

今回使ったパラコードは以前、ブーツの紐として使うために買ったものです。


f:id:haraguroiare:20200909111957j:image

これが日頃サバゲーするときに履いているブーツ。

先端に伸縮チューブをつけてブーツの穴に通しやすくしています。

気に入った色と長さの靴紐が無いときはパラコードで作るのオススメです!

丈夫なので普通に履いてるだけだと切れるなんて事はまずありませんしね。

何よりちょっと手を入れている分靴に愛着が湧きます。

 

ちょっと脱線してしまいましたが、僕はパラコード編んだことがありません!

ということで、こちらの動画を参考に編む練習です。

https://youtu.be/eHTODbJH2zI

今回は僕の動画では無いですね。

本当に編めないので先人の知恵を拝借。

30分程格闘して完成した練習品がこちら。f:id:haraguroiare:20200909111231j:image

結構不細工ですね、でも手ごたえを感じました。

案外簡単じゃん、パラコード。

調子に乗って、装飾品を付けていくバックパックの取手にも装飾。

こちらにブログを参考にしました。

http://kinryu.jp/cp-bin/wordpress/2020/04/17/paracode-how-to-knit/

また僕のブログではありませんよ。

まだまだ、素人なので。

先人の知恵万歳!

そして30分後。


f:id:haraguroiare:20200909120245j:image

マジで簡単じゃーん!

すげぇ簡単じゃーん!

ネトフリでワンピース見ながら出来ちまったよ!

ルフィがロブ・ルッチ倒すよりも先に練習品と取手の装飾が終わっちまったぜ!

ていうか、何話使ってエニエス・ロビー攻略してるんだ…。

リアルタイムで見てたら半年はエニエス・ロビーやってたんじゃなかろうか。

まぁ、いいか。

ワンピースの話は置いておいて、さっきの練習品もバックパックに付けてみます。


f:id:haraguroiare:20200909114337j:image

さ、さみしい!

全面的にさみしい!

ということでネットを編みます。

これは編み方を知っているのでガシガシ編んで行きましょう。

偶数本の紐を用意して

f:id:haraguroiare:20200909114515j:image

段違いになるように編んでいきます。


f:id:haraguroiare:20200909114800j:image

かーんせーい!

ネットが完成しました。

ルフィはまだルッチと戦っています。

早速バックパックに取り付け。


f:id:haraguroiare:20200909114921j:image

ポンポンものを放り込めるように簡易ポケットとして機能するようにしました。

でもまだ、ちょっとさみしい。

探索班の装備感を出すために、雰囲気を醸し出すアイテムを作ります。
f:id:haraguroiare:20200909120351j:image

昔、ロッククライミングをやっていた時の経験を生かし何にでも使えそうなコードの束を生成。

それでも空白がさみしいので、いつもサバゲーの時には連れて行っているぬいぐるみも装着!

これでもかとLEDランタンも装着じゃ!

おるぁ!

これでどうだ!


f:id:haraguroiare:20200909131905j:image


f:id:haraguroiare:20200909131913j:image

良い具合の情報量。

これで寂しくありませんね。

ぬいぐるみの上の辺りにベルクロが付いているので、そのうちマヨゾネスさんでベルクロパッチ買って付けようかなと考えています。

 

プレサバ用に組んだRebellion装備の話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

Rebellion装備設定1(プレサバ前日譚)

「上官には何を答えても罰する事はないと聞いているから、何でも話すよ。何でも聞いてくれて構わない。もっとも、組織について多くの事は知らないし、下調べをしているあんたの方が詳しいくらいさ。」

初めての反政府組織への取材で緊張している私にそう声を掛けたのは、反政府組織Rebellionの補給班隊員チヒロ・イシモトである。

ガスマスクとゴーグルで覆われた顔からは表情を推し量ることは出来ないが、彼のマスク越しに聞こえるくぐもった声はケラケラと笑っているようであった。

彼はポケットからタバコを取り出すとおもむろに火を付けた。

「タバコ吸われるんですか?」

20XX年、ゾンビクライシスが始まって以降、嗜好品であったタバコは供給量が減り、その取引価格は大きくはねあがった。

健康志向が常識となっていた21世紀初頭において、緊急時のタバコの値上げには誰も抗議することなく賛同の声が多く上がったそうだ。

(ただし愛煙家達は泣きをみたというが。)

クライシスが始まって以降生まれた私の様な世代には縁遠い品物だ。

「あぁ、すまない、嫌いだったかい?いつもガスマスクしてるから気にならなくてね。少し我慢してくれ。

彼はそういうと私にここで待つようにと手で合図をし、薄暗い廊下を中腰でゆっくりと進んでいく。

私達は今、何年も前に閉鎖された病院にいる。

事前に受けた説明だとギャング化した感染者達が拠点にしていた時期があるそうだが、ZSRTによって駆除されたらしい。

今日の任務はそのギャングが集めていた物資の回収だ。

 

f:id:haraguroiare:20200904225031j:plain

 

5分程待つとイシモト氏が戻って来た。安全確認をしてきた様だ。

「タバコは高級品ですよね。何に使ったんですか。」

帰って来た彼の手には短くなったタバコが握られていた。

「あぁ、これ。ここはもともとギャングが使ってたでしょ。変なトラップがあるかもと思って探してたんだ。あれだよ、赤外線センサー。タバコの煙で見えるらしいんだ。俺は吸わないからこういう事に使う。」

彼も実際にはまだ見たことが無いらしいが、彼は父親からその事を学び、父親は戦前のビデオゲームでそれを学んだと言っていた。

「Rebellion本隊なら赤外線センサーぐらい見えるカメラやゴーグルってのがあるんだと思うんだけどね。僕らは支部隊だし、なんなら補給班で物資の回収係だから。」

彼は身振り手振りを交えてそう説明すると、残念そうに肩を落とした。

「まぁ、嘘か本当かわからないことでも、あるものでやっていかないと気を抜くとやられるんだ。」

 

(21.10.20✕✕ --------記 取材備忘録)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアガンの刻印をクレヨンで塗装した話

読者の皆さん、どうも、僕です。

先日2020年FIRSTの夏のお楽しみ袋(福袋)を買いました。

早速どどん!


【福袋回】2020年夏!FIRSTのお楽しみ袋を開封!【FIRST】

そこでで出てきたのが、クライタックのSR47。

正直なところまーた、コイツかという思いがしました。

というのもコイツ過去数回しかしていない僕の福袋人生の中で3回も出てきてるんですよね。

いつもなら視聴者プレゼントであげてしまうところですが、そろそろの状況を打開したくて御守り代わりに自分の物にする事にしました。

そろそろAKが欲しいんですけどね。

いや、買えばええやんと思った人はまだまだですね。

別に必要ではないけど欲しいものが福袋から出たら幸せでしょ?

僕は幸せを後々に残してるんですよ。(真顔)

ということで今回も出てきたSR47。

せっかくのクライタック製品なので自分色にカスタマイズして愛を注ごうと思います。(物理)

 

用意するものはこちら。

f:id:haraguroiare:20200904103857j:image

サクラクレパスのオレンジのクレヨン。

拭き取り用の布。

クレヨンの油分を分解する殺菌用のアルコール。

クレヨンはなんと1本77円!

安い!

安すぎるぞ!

危うく100均でよくわからんクレヨン買うところでした。

文房具屋さんで買った方がクレヨンは安いんですね。

覚えときましょう。

今僕らINPOのチームカラーはオレンジなので今回はオレンジを使っていきます。

それをこんな感じに塗る!

f:id:haraguroiare:20200904104224j:image

これでアルコール付けた布で拭き取ると、あら不思議!

刻印が浮かび上がってくる!f:id:haraguroiare:20200904104335j:image

ですが、なーんか汚い。

刻印は浮かび上がったけど同時にレシーバーがかなり汚してしまいました。

そう!

このクレヨン塗装はざらざらした材質のものには不向きだったんですね!(白目)

黒地にオレンジのポイントがカッコいいんじゃー!

あーーーーー!

とも思いましたが、急遽メンタルを持ち直し再考。

この汚れが全体にあったら結構カッコ良いのでは?

f:id:haraguroiare:20200904104820j:image
カ ッ コ 良 い の で は ?

ということで全体にクレヨン塗装、いや、ウェザリング

を開始。

f:id:haraguroiare:20200904104855j:image

またまたアルコールを付けた布で綺麗に余分なクレヨンを拭き取ります。

f:id:haraguroiare:20200904105002j:image
f:id:haraguroiare:20200904105008j:image
よくないですか?

歴戦のクライタックになったでしょう?

黒一色だけだと新品の新兵感がありました。

f:id:haraguroiare:20200904105138j:image

僅か10分で歴戦の猛者に。

こうなるとレシーバーだけでなくハンドガードもやってしまいたくなります。

というかハンドガードが黒だとちょっと変で。

そうして完成したのがこちら。

f:id:haraguroiare:20200904110704j:image

カッコよくなったでしょ?

いや、僕は好きです。

30分前までは憎きSR47でしたが、作業が終わる頃には愛が芽生えて来ました。

次はストックをRS2タイプのものにして、グリップも気に入ったフィンガーチャンネルがあるものにしようと考えています。

 

今回わかった事はざらざらした表面のものにはクレヨンによる刻印塗装は合わないということです。

逆にウェザリングが簡単に出来ます。

オレンジ、茶色、緑を重ねれば良い感じの迷彩になりそうですね。

もしかしたら消しゴムで綺麗に消えるかも知れないのでまた試してみようかなと思います。

 

最後に今プレゼントキャンペーンやってます。

詳細は冒頭の動画をご覧下さい。

ブログから来たなーんてわかったら優先的にプレゼントしても良いかなと思ったり思わなかったり。

チャンネル登録もお願いしますね!

 

こんな僕ですが日頃はTwitter上に生息しています。

https://twitter.com/haraguroiare

よろしければどうぞ。

INPOのアカウントです。

https://twitter.com/INPOyakutatazu

 動画をアップロードしたらこちらでも報告しています。

たまにプレゼント企画なんかもやることがあるので是非どうぞ。