読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腹黒動画日記@実況の裏舞台

アラサー社会人ゲーマー腹黒いあれのゲーム実況の広報を兼ねた裏舞台なブログ

「君の名は。」を女の子と一緒に観てきた独身の僕は彼女と結婚したくなるのか?

はーい、どうも腹黒いあれです。

遅ればせながら「君の名は。」観てきました!

女の子と観に行くと結婚したくなるという触れ込みだったので、友達の女の子と一緒に観に行って来ましたので感想を書き殴っていきたいと思います!

f:id:haraguroiare:20161007190239p:plain

1.「君の名は。」を観ると結婚したくなるらしい

訓練されたぼっちである腹黒いあれ。

そんな私は映画を見に行くときも基本一人。

今年観たデッドプールも、シン・ゴジラも真昼間に家族連れやカップルに紛れて一人で観てきた、なんなら焼肉だって一人で行けるそこそこ訓練されたぼっち。

そんな私が「君の名は。」を見に行くのが遅れた理由がいくつかある。

1.視聴者のカップル率の異常な高さという触れ込み

2.恋愛要素が強く出ている高校生が主人公のアニメ映画

3.「君の名は。」を観ると婚活または結婚したくなる系のツイート

訓練されているとはいえ、一人焼肉を軽く凌駕する一人ディズニーに匹敵すると確信した私は「君の名は。」観たさにある行動をとった。

 

腹黒「そうや!友子誘っちゃお。」(ふひひ、カップルに溶け込む尚且つ観に行った相手と結婚したくなるのか?という検証という形でブログのネタになるではないか!俺氏天才!)

という安易な発想から幼馴染の女の子(ここでは友子)を誘うことに。

~LINE~

腹黒「君の名は見に行こうず。」

友子「8月9月は締め切りと引っ越しで忙しい。」

腹黒「10月は?」

友子「10月は結構暇かも」

腹黒「行こうずなー」

という感じで10月に友子と映画鑑賞デート(結婚したくなるのかの検証)へ行くことになったのです。

 

ここで登場人物のスペック

 

腹黒いあれ

20代後半男性/彼女いない歴1年半(このまま一生独身でいたい)

社会人兼ゲーマー

友子との関係は女性の親友だと思っている

変態

 

友子

20代後半女性/彼氏いない歴X年(早く結婚したいらしい)

社会人兼イラストレータ

腹黒いあれとの関係は男性の親友だと思っている

お局様やなとイジると怒る

 

この二人で

君の名は。」をカップルで一緒に観ると結婚したくなるのか

を検証してみたいと思います。

 

ということで

友子と「君の名は。」を観に行ってきました。

~行きの車中~

腹黒「おぉ!今日はスカート履いてる?友達の結婚式以来やないか!」(日頃との違いに気付いてますアッピルやでー)

友子「私だって社会人ですからスカートぐらい履きますー。」

腹黒「結構似合ってるじゃない?」(ふふふ、褒めたろー)

友子「や、やめろ///」

腹黒(ふふふ、照れおって作戦通り)

こんな感じでキャハハウフフしながら映画館へ。

そしてその結果!

うん、何も起こらなかったよ。

いつも通りお家に送って、いつも通りに次の約束をして帰ってきたよ。

もうね、ホントに作品に心打ちのめされたの。

結婚とか自分の恋愛とか友子の恋愛とかほんとに糞ほどにどうでもいい。

滝君と三葉ちゃん最後会えて良かったねー。

新海監督が丸くなって良かったねー。

お兄さん安心したわー。

 

2.この感想にはネタバレを含みます

いやね、この作品驚いたね。

僕は新海作品一通り観ていて監督の作品のファンなんだけど、やっと!やーっと登場人物が結ばれた!

結ばれた?でいいんだよね?繋がりの話だし結ばれたんだよね?

なんでここまで結ばれたかどうかに拘るかといえば、新海作品「秒速5センチメートル」の事があるから。

鬱アニメとして知られるこの作品を一度でも見たことある方は、「君の名は。」の最後数分でひやひやしたんじゃないかな。

街中ですれ違う二人。桜が舞い散る風景。

頭を過るのは「秒速5センチメートル」の悪夢。いや、あれはあれでいい作品なんだよ?

ただ一途すぎるとこうなるんだってか、本当に好きな人はいつも思い出の中にいるのかなとか。

男ってロマンチストなのねとか、これだから男って馬鹿!

みたいな月並みながらそういう感想が出てしまう作品なのが「秒速5センチメートル」なわけで。

君の名は。」にもそういう要素あったしね。

 

滝君「お互いの名前忘れ無いように手の平に書いておこう!」

三葉ピンチ!手の平ぱー「すきだ」

 

たきく~ん?お兄さんのひやひや最高潮だよ!

背筋を何度も嫌な感じが走ったよー?

そんな感じで最後結ばれた時にはもう安堵。

持ってたジンジャーエールひじ掛けに置けなくなるくらいスクリーンにくぎ付け。

 叶わない恋心を描いた作品がほとんどの新海作品において「君の名は。」は唯一の報われた恋なんじゃないかな。

(「言の葉の庭」もお互いの気持ちが通じ合う瞬間が確かにあるんだけど、彼らの恋が叶うのは多分もう少し後の話なんだと思うんだよなー。)

現代を舞台にしたSF作品としても面白かった。

ありきたりな男女の体入れ替わりや、時間ループものなのかもしれいけど、演出がいい。

物語内の時間の進め方、画面内の構成や光の演出やなんか。

新海監督の時間という概念の使い方は結構好きなんですよね。

 「ほしのこえ」で宇宙に旅立った主人公の女の子が恋人に送るメールが、地球との距離が離れるにつれどんどん届くの遅れていく演出とかね。

キャストも声優として無理のない配置。

映像作品の技術としてもレベルの高さを感じたので、内容に興味がない人でもそこらへんに興味がある人もぜひ見ておくべき作品でしたなー。

でもまぁ、なにより観るのにドキドキハラハラして観終わった後に心地いい感じに疲れた。

それだけ作品に引き込まれたってことよね。

映画館で観て正解だったわ。

 

3.最後に

え?友子とその後どうなるのかって?

友達だぜ?

幼馴染最強説とか完全に童貞の妄想の産物です。

~帰りの車中~

腹黒「いやー、マジでよかったわ。」

友子「絵描きとして光の演出に嫉妬だわ。」

腹黒「おめェ、秒速5センチメートル観てないだろ?次までに観てメンタル壊しとけな。」

友子「それな、この監督スゲーわ借りてくる。」

 

オタクが二人揃ったらこんなもんですわ。

恋愛してるよか作品について語り合ってる方が何倍も楽しいんですよねー。

性別を問わず隊列を組んで軍靴の音を響かせる仲間がいる方が幸せだと思うんですよ。今は。

そんなゲーム内で同じく隊列を組んでお前のケツFUCKしてやろうと叫びながら遊ぶクラン、INPOで空を飛んできました!

youtu.be

C4ジャンプ・・・ぶっ飛びすぎやろ・・・。

 

こんなアホなゲーム実況者ですが、チャンネル登録してやってくださあい!

お願いします!お願いします!おねがいなんですー

www.youtube.com

 

ツイッター上のほうが活発に活動しております。

フォローして、PSフレンドになると個人的にお友達になってしまう危険性を孕んでいるのでぜひフォローすることをお勧めします。

twitter.com