読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腹黒動画日記@実況の裏舞台

アラサー社会人ゲーマー腹黒いあれのゲーム実況の広報を兼ねた裏舞台なブログ

鬱ゲーメーカーヨコオタロウの罠【ニーアオートマタ感想】

ニーアオートマタ遅ればせながらクリアしました。

どうも、腹黒いあれです。

今回の記事もそこそこのネタバレを含みます!

 1.「今回はハッピーエンドです。」

ハッピーエンドの基準は人によって違います。

例えば、世界が平和になるエンドこそがハッピーエンドと信じている人もいますし、人によってはniceboatしてもハッピーエンドと捉える人がいるかもしれません(いないか)。

じゃあ、ニーアオートマタはどうだったかというと美しく綺麗にヨルハ部隊は皆死にます。

この事実だけ見るとハッピーエンドには程遠い気が・・・。

 

ニーアオートマタからニーアシリーズ、いえ、ヨコオタロウワールドに入った人にヨコオ氏の作品群の傾向を一言で説明すると彼は

鬱 ゲ ー メ ー カ ー 

です。

ニーアシリーズが、同じくヨコオ氏がディレクターを務めるドラッグオンドラグーン(以下DoD)シリーズの派生作品だという事を知っている人は多いと思います。

DoDも登場人物が死ぬ!死ぬ!死ぬ!死にまくります。

そして当然の如く主人公も死にます。

ストーリーの展開も最終的に全員が助かることはなく、主人公にとって大切な人や相棒、従者が死んだりいなくなったりとそんな感じ。(一応世界は平和になるので大きくみるとハッピーエンドなのかも?)

そんなゲームの派生作品が

ハ ッ ピ ー エ ン ド な わ け が な い 。

 

前作ニーアレプリカントはというと、最終的に主人公が自らの存在(全セーブデータ)を対価に愛する者たちを救うのですが、このせいで人類の滅亡が確定します。後日談で主人公は復活するので、そこだけは報われてますね。

プレイヤーにとっては悪夢だったけどな!

 

(つーか、魔王戦の直前に砂の王が死んだせいで砂国滅んだのかよ。マジかよ、悲しいよ。ハッピー概念がヨコオ作品の中にあるのかよ・・・。)

 

前置きが長くなったのですがここまで読んでくださった方は当然Eエンドまでクリアしたんでしょう。

これ多分これ本当にハッピーエンドなんですよね。

9Sを殺すために作られ、9Sを殺すようプログラミングされた2B。

そんな2Bを好きになってしまった9S。

でも機械にとってのプログラミングなんて逆らうことができない本能みたいなものですから、二人の望みが叶う方法なんて死ぬしかなかったんだと思うんです。

そういう意味ではハッピーエンド。

2Bは大切な仲間である9Sをもう殺さなくて良くなったし、9Sは死ぬことで2Bのもとに行けたんですからハッピーエンド。

感情を表現しないのも、ナインズって呼ばないのもツンデレだからじゃなくて次に9Sを殺した時に自分が辛い思いをしないため。

これから殺すことになる相手と距離を取るためだって思うと、真の2周目をやってるとどんどん2Bのセリフがツンデレから重たいものに感じられるようになります。

マジでチャプターセレクトでサブクエやるのが辛い。

割とおちゃらけた内容が多いサブクエですが、それでもこいつら背負ってるんだよなーと思うとちょっと気が重くなります。

 

でも、二人が死ぬエンディングってプレイヤー側としては当然納得いかないですよね。

ポッド達はプレイヤーの代弁者です。

あの最後のシューティングを本気でやったのは、2Bのお尻をもう一度見たかったからでも!リボンを付けた9Sがショタかわいいからというわけではないはず!

俺は!二人の!オネショタの絡みが!見たいんじゃ!!!!!!!!!!この一心だったでしょう!?(二人に幸せになって欲しいの意)

結局Eエンドは以下ループになって、今度はポッド達が狂っていく話をヨコオ氏が小説書きそうで怖いですね。(切望)

まぁ、製作者側的にはハッピーエンドなんだろうけどプレイヤー側からしたら全然ハッピーじゃない安定の鬱エンドだって話です。

てか、2Bって9Sの事仲間以上に思ってたのかなー。

当然好きだったでしょって思うけど、明確な描写はないし。

これを書いている段階でサブクエストはまだ30%しかクリアしてないんで、そこらへんで何かわかるのかもしれませんね。

 

え?A2?挑発アクションがまんまDoD3のゼロでカワイイネー。A2の中にある2Bの記憶を再構築して2Bが復活するなんてオモッタコトナイヨー。ホントダヨー。

ハッピーエンドって言葉を信じて全員生存エンドを信じてたなんてコトはナイヨー。

最後のA2戦が森の王国戦の第2ラウンドで拍子抜けしたなんてコトはナイヨー。

 

2.「プラチナのせいで!」

「ジャスト回避でスロー」「見ていて楽しいカッコいいアクション」「チャプターセレクト」「一撃死のベリーハード」

この並びどっかで見たことあるような感じしませんか?

僕は前作ニーアレプリカントに無かったジャスト回避とアクションを見て、あるゲームを思い出し、チャプターセレクト画面とベリーハードの説明を見て確信しました。

やっぱりプラチナでよかった!

正直前作ニーアレプリカントはアクション面から言え特別面白いと言うほどでもなく、なんとなくDoD2を彷彿とさせる挙動で操作がうまいとか下手とか関係なく、強い武器と高いレベルで敵を叩き潰す感じのゲームでした。

しかし、今作はアクション性が大きく上昇しジャスト回避とコンボを利用してプレイヤーのテクニックで敵を潰す本当のアクションゲーに!

そうですね!デビルメイクライで生み出され、ベヨネッタで昇華され、ベヨネッタ2で洗練された間違いなく神谷氏率いるプラチナゲームズの生み出したゲームですね!

ありがとうプラチナ!

ストーリー重視だったヨコオワールドにちゃんとゲーム性が付いたよ!

 

マジでヨコオゲーはフレーバーテキストの量と質が高い割には、アクションとしては普通だったんですよね。

音ゲーとしては譜面が見えないことあるし?シューティングにも見えない判定あるし?システムというかゲームとして遊ぶには普通の印象。

でも今作は先ほど言った通りでアクションが楽しい。

DMCみたいにコンボ評価あったらSSS出すためにずっとやれそう。

そんなゲーム。

ニーアのアクションが楽しかった!って人は是非是非ベヨネッタ2をやってもらいたい!

1と2セットのやつ出てるから!WiiUでだけど!

 

何はともあれプラチナのせいでニーアがゲームとしても面白くなってしまったのは明らかな事なので、プラチナは続編が仮に出てもニーアを作り続けてくださいね!

 

3.まとめ

オートマタ超面白い。そりゃボリューム不足とかバグとか色々あると思うけどそれでも面白い。

今作はトロフィー買えるのがちょっとした話題になりそう。

てか、みんなは他人のためにセーブデータ消したんだろうか。

僕なんかはEエンド入る前に警戒してバックアップ取っておいたからね。

サブクエストとウェポンストーリー、そのほかの収集要素を100%にしたら改めてセーブデータを消すつもり。

だってニーアってセーブデータ消してナンボって気がするんだよね。

あのUI画面が一つ一つ消える感じ。

自分が数十時間も積み重ねたものが消えていくあの感じがたまらない!

 

DLCに衣装が来るみたいですね。

買わせていただきましょう!

てかこの手のDLCって毎回買うけど、あんまり使わないっていうか、お布施みたいなもんだよね。

プラチナがんばって!ヨコオがんばって!的な。

別にニーアの続編を望んでるわけじゃないけど、またヨコオ氏の書く鬱ゲーを楽しみに待とうと思います。

 

「今作はハッピーエンドです」と「プラチナのせいで!」は発売日当日の生放送でプラチナのスタッフが言っていたものです。誰が言ったかは覚えていませんが。

 

youtubeで動画を上げています。最近サボっています!(キリッ

www.youtube.com

 

ツイッターもやっています。こっちはサボっていません。

twitter.com